汗の真実

よく『汗にはどろどろした汗と、さらさらした汗がある』とか、『この健康器具を使うと、老廃物を含んだ汗が出て身体がスッキリする』とか耳にする事がありますが、まったく根拠のないデタラメです。

 

どんな状況でも身体から出る汗は同じで、感じる差は、質が変わっているのではなく、量やスピードの違いからくるものなのです。

 

ゆっくりと出る汗は、運動やサウナなどで出る流れ落ちる汗とは違い、水分だけが蒸発し含まれている物質が皮膚に残るため、ドロドロやネトネトに感じてしまいます。

 

余談ですが、冷や汗なども通常の汗と何ら変わりはありません。

 

緊張から交感神経が優位になり体中の血流が悪くなり皮膚の温度が下がるため、同じ汗が冷たく感じてしまうのです。

 

この真実を理解していれば、訳の分からない健康器具を買ってしまったり、根拠のない○○浴と称するものにお金をつぎ込んでしまう事も無くなると思います。