熱中症

熱中症脱水整体

毎年のように『観測史上最高』というコメントを耳にするようになった異常気象ですが、今年も猛烈な暑さが続いて、熱中症の被害が相次いでいます。

 

今週末にはこの高気圧に加え、チベット高気圧というのが上空を覆うそうで、とんでもない事になるかもしれません。

 

熱中症による脱水症状を引き起こしている、いないという判断は、画像のように手の甲の皮膚を引っ張り、離して皮膚が戻ればセーフ、戻らなければアウト 

または、手の指の爪先を押し、手を離した時に押されたところがピンク色に戻ればセーフ、戻らなければアウト

などで、して下さい。

 

予防としては、暑さを避ける事。

日陰を歩く、日傘・帽子・サングラスの使用、エアコンの使用、小まめな水分補給が効果的です。

 

もしも、熱中症になったら、身体を冷やす事。

涼しい場所で安静、首・腋の下・鼡径部に氷を当てる、水分補給

 

それでも駄目なら救急車を呼びましょう。

 

命に関わる事です。

 

辛抱するとか、我慢することでやり過ごす事ではありません。