手足口病

手や足、口の中に小さな水泡が出るウイルス性感染症『手足口病』が乳幼児の間で流行しています。

 

便や唾液などに含まれるウイルスを介して感染するため、保育施設や幼稚園で集団感染するケースが多く、ワクチンなどが無いため手洗いやうがいなどの予防を徹底するしかないようです。

 

90%が乳幼児なのですが、大人も感染します。

そして、感染した場合は症状が重くなります。

 

症状は、発熱、のどの痛み、に始まり、口の中や舌の付け根、手、足の裏、脚の付け根、首すじ、背中に多数の水泡が出来、歩く事や唾液を飲み込む事ですら苦痛を感じるレベルまで達します。

 

また、身体のだるさ、頭痛、悪寒、脚に筋肉痛のような痛み、爪が剥がれるなどの症状が続きます。

 

症状が治まってからもウイルスは便と共に排泄され続けるので、感染する恐れは続き、注意が必要です。

 

大人が感染する時は、体力、抵抗力が低下している時に限られますので、日々の生活を健康的に過ごすように心掛けて下さい。