アトピー性皮膚炎

かゆみを伴う湿疹が繰り返し現れる『アトピー性皮膚炎』発症の仕組みの1つがマウスの実験で発見されました。

体内に寄生虫などが侵入した際に警報役を果たしているIL33という、皮膚で作られるたんぱく質「インターロイキン33」が、アトピー患者の皮膚表面で大量につくられる事が原因で、このIL33はアレルギーに関与するとされる免疫細胞「2型自然リンパ球」に影響を与え、活性化させてしまいます。

そしてこのリンパ球が作り出す別のたんぱく質「IL5」が、湿疹などの元になる白血球の一種、『好酸球』を増やすというメカニズムにより、かゆみの連鎖の様な、果てしないアレルギー症状が続いて行くようです。

 

マウスの実験では、IL5の働きを阻害する抗体を投与し続けると、皮膚症状が抑えられたのですが、今のところヒトへの実用化は難しく、その前段階であるIL33や2型自然リンパ球を標的にした薬が出来れば効果が期待できるとの事で、まずはその臨床研究が待たれるところです。