捻挫の後遺症

足関節捻挫整体

足の捻挫は、主に足関節の周囲の靭帯や、重度の場合は腱まで損傷した状態です。

 

靭帯とは骨と骨をつなぎ関節を支える繊維のことで、腱とは筋肉と骨をつなぐ繊維です。

 

足首をひねり、靭帯が切れ、隣り合う腱に負担がかかり腫れるなどなどします。

 

その時に、患部の固定やリハビリなど適切な治療をせずに、関節が不安定な状態のままにすると、捻挫を繰り返したり、軟骨の摩耗が進み、変形性関節症になったりします。

 

たかが捻挫とあなどらず、しっかりとした対処とリハビリが大切ですが、かなりの時間が経過している場合は困難を極めますが、地道な筋力トレーニングやストレッチを続ける事で、改善が図れるかもしれません。