片足で立つ

片足立ち骨盤整体

様々な運動指導の基本の1つは、片脚でしっかりと立つ事です。

 

もも上げでも、体幹・臀部を鍛える際にも、片方の足に体重を移動させ倒れないように関係する筋肉を調整し、バランスを保ち、維持します。

 

もちろん、骨盤が不安定だったり、股関節周りの筋力が不足していたり、身体に歪みがあると左右均等に片足立ちが出来ません。

 

健康の基本は、自分の脚で自分を支える、そのために足腰を鍛え、身体を整えるという事だと思います。

 

どんなスタイルでも結構ですので、片足立ちで時間を計り、左右差をお確かめください。

 

どちらか一方の維持時間が極端に短い、辛い、痛いという場合はどこかに何らかの不具合が生じている証拠です。