手足が冷たい

手足がいつも冷たい、クーラーや寒い環境に長時間いると青白くなる、むくみや痛み、しびれがある 

このような方は特に女性によくみられ、『代謝が悪いから』『座りっぱなしの仕事だから』と安易に考えがちですが、あまりにも辛い状態が続くようであれば一度、病院で『抗核抗体』の検査で数値を調べられてはいかがでしょうか。

 

この数値が高いようであれば、免疫に異常がでる『膠原病』かもしれません。

 

膠原病は、免疫の異常が原因で生じる病気の総称です。

 

通常、免疫は自分自身を守るために働くのですが、膠原病の場合は異物などを区別することが出来ず、自分の体に対しても免疫反応を示し、炎症を起こします。

 

これが関節で起こると、『リウマチ』で、関節を取り囲んでいる膜からサイトカインという蛋白質が出てきて、細胞が炎症を起こし、痛みや骨の変形、運動障害を引き起こします。

 

皮膚で起こると『皮膚筋炎』で、まぶたや手や前胸部に紅班が表れたり、倦怠感が強く、朝起きるのが辛くなり寝たきりになったりします。

 

難しい症状ですが、早めの検査と適切な投薬が効果を上げます。

 

それと共に、バランスの取れた健康的な生活習慣に整えていく事をまずは心掛けましょう。