涙活(るいかつ)

最近、この涙活なるものが大流行りだそうで、仕事帰りや週末はもちろん、自宅などを利用し『泣くためだけ』に映画を観たりしながら、涙を流すのだそうです。

 

日々の生活の中で、我慢が続いたり、何をしてもうまくいかなかったり、心がモヤモヤしてすっきりしない、ストレスがたまってどうしようもない、こんな時に人は涙を流す事で心を軽くしたり、気持ちが楽になったりします。

 

涙を流すとそれまで交感神経が優位になっていた自律神経が、副交感神経が優位になる事でバランスが整い、ストレスホルモンを抑えてくれたり、眠りやすくなったり、病気にかかりにくくなったりします。

 

また、ストレスフルの状態では常に呼吸が浅くなってしまうのですが、泣く事で、深く息を吸ったり吐いたり出来るようになり、呼吸筋が活動するため、それに関係する筋肉が弛み始め、無意識に固まっている心と身体の緊張をほぐす効果があります。

 

感動的な映画やドラマ、心に響く音楽や本などで意識的に涙を流し、知らないうちに閉じ込めてしまっている豊かな感情を、思いっきり解放する事が大切だと思います。