吾、我を喪えり

ロコモ整体

吾(われ)と我(われ)とは、全く違います。

吾とは生まれたままの自然的な真の自分の事。

 

我とは、『自分は! 自分が!』という我意識の事。

 

人は生まれて、育ち、学び、遊び、働くうちに自然と自分の都合や、価値観、正義感、是非善悪などの考えが形成されます。

 

問題は、それが『絶対性』を帯びてしまい、自分の考えが最も合理的で正しい事だとの思いや、違う考え方を受け入れられなくなる事です。

 

人にはそれぞれに固有の意見があり、それは絶対的なものではなく、相対的なものですので、ちっぽけな『我』にこだわらず、『我』を捨て生まれたままの真の自分に戻って、柔らかく物事を捉える癖を付けましょう。