大人のアトピー

アトピーアレルギー整体

アトピー性皮膚炎は子供に多いと思われがちですが、成人になって初めて発症する人や、一度治った人が再発するケースが増えています。

 

幼い時では、食べ物のアレルギーが引き金になりやすいのに対し、成人ではハウスダストや花粉など空中の物質が原因になりやすく、乾燥や汗に対する肌の状態や、ストレスに対する感じ方などが大きく影響します。

 

アトピーは顔、首、手、腕などに多く現れますが、身体全体にも症状が出て、良くなったり悪くなったり、長期間悩まされます。

 

そして、その治療には漢方やステロイドなど色々な方法が試されますが、個人差があるため万人に効果の出る方法がなく、治療は困難を極めるとされています。

 

よく言われるのが、食事を和食に変え、睡眠のリズムに気を付け、ストレスを減らしましょう という事です。

 

実際にはこれだけで症状が楽になる人もいますが、全く変化のない人もいますし、正しく行なっていないため、効果が出ない人もいます。

 

成人の場合は、乾燥が良くないとの事で、乳液やオイルを肌質を考えずに塗布してしまう人や、清潔にしなければと思い込み、毎日入浴し、シャワーだけで十分なのですが、湯船に浸かり身体をボディーソープで洗い流したりしてしまう人がいらっしゃいます。

 

アトピーが治らない最大の原因は、掻く事、そして自分に合わない物、事を続けている事だそうです。

 

かゆくて掻くと気持ちが良いため、それが快感となって掻く事がやめられなくなります。

また、化粧水、乳液、ボディーソープ、タオル、洗顔料、洗剤、入浴剤、水など、良いと思ったり、特に意識をせずに使っている物の中に、アトピーの原因があったりする場合も少なくありません。

 

それと共に、規則正しい生活をし、朝、太陽の光を浴び、筋トレなどしっかり運動も行い身体を動かし、その患部だけに集中するのではなく全身(心と体)の健康を考えた生活習慣を身に付けましょう