深呼吸

自律神経整体

緊張をほぐしたい、落ち着きを取り戻したい、そんな時、経験から深呼吸をすれば良いとほとんどの方は知っています。

 

なぜ、深呼吸をするとよいのか。

 

人は緊張したり、ストレスが過多になると、呼吸が浅くなったり、呼吸を止めてしまうような状態になり、末梢血管に血液が流れにくくなります。

 

逆に、安心したり心に余裕がある時には、呼吸がゆっくりと深くなり、副交感神経が優位になり、血管が開き末梢の血液量が増加します。

 

血流が良くなると筋肉が弛み、身体はリラックスする、これが緊張した時に深呼吸すると心が落ち着くという医学的な説明です。

 

ですから、心を安定させるには、筋肉をコントロールする事が重要ですから、

筋肉をコントロールしているのは血流で、

血流をコントロールしているのは自律神経で、

自律神経をコントロールしているのは、『呼吸』というシステムになっているのです。