ぜんそく

気管支ぜんそく整体院

咳が続いて止まらない、これはぜんそくの始まりかも知れません。

 

喘息は『気管支ぜんそく』と『咳ぜんそく』に分けられ、気管支ぜんそくはゼイゼイ、ヒューヒューというぜい鳴が生じますが、咳ぜんそくは咳が続いて長く残ります。

 

咳ぜんそくのきっかけは『風邪』ですので、咳がとまらなくても、これは風邪だから・・と放置してしまいがちです。

 

しかし、そのうちの30%は気管支ぜんそくに移行するため、早めの処置が必要です。

 

ぜんそくは空気の通り道である気道が慢性的に炎症を起こしているため、ほこりや花粉などの刺激に対しても過敏になり気道が狭くなってぜんそくの症状を引き起こします。

 

季節の変わり目に、急に気温が下がったり、花粉症のシーズン、インフルエンザのシーズン、風邪の流行のシーズンなどに、それらと合併して起こりますので、これからの季節は注意が必要です。

 

また、せき=ぜんそくと思い込まず、肺炎、肺気腫、肺がん、肺結核の可能性もありますので、あまりにも長く続くようであれば、出来るだけ早くお近くの医療機関を受診して下さい。