痛風

痛風尿酸値整体院

風が吹いただけでも痛みを感じる痛風発作は関節の炎症です。

 

血液中の『尿酸』の濃度が高くなると、結晶となり身体の色んな所に沈着し、何らかの原因で剥がれると、白血球が『異物』と認識し体内から排除しようと攻撃を始め、それが過度になり炎症を起こします。

 

これが痛風発作で主に足の親指で起こります。

 

ただし、炎症は発作の箇所だけではなく身体全体に結晶が溜まっていますので、原因である高い尿酸値を下げなければ一時的に治っても再発したり、腎機能が低下したり、動脈硬化などの合併症につながります。

 

具体的には、プリン体を多く含む食べ物やアルコールの摂取制限だけではなく、肉体的、精神的ストレスもコントロールする必要があるため、過食や働き過ぎなどの生活の見直しも同時に行ないましょう。