当事者意識

膝関節症整体院

今現在、中高年の方のうち、股関節や膝関節の何らかの異常から、車いす生活を余儀なくされ、歩くための筋力が減って、将来寝たきりになってしまうという方が必ずいらっしゃいます。

 

問題は『自分だけは大丈夫』『まさか自分がそんな目に遭うなんてことはない』とたかをくくっていることです。

 

高齢者の増加と共に『アンチエイジング』を謳う効果のよく分からない健康食品や健康器具が花盛り、

ロクに運動もせず、脂肪を溜め込みながら、更にあれを食べれば・・・これを飲んでいれば・・・と盲目的に飛びつき、結局『立てなく』『座れなく』『歩けなく』なる人が激増しています。

 

前後左右に均等にバランスをとって立てますか?

 

正座やあぐらで座れますか?

 

膝を伸ばして胸を張って歩けますか?

 

10年後も20年後も、この質問にYESと答えられるように

暴飲暴食、アルコールを控え、適切に運動をしましょう。

 

このような行動が、ご自身に、ご家族に、家計に、地域社会に、国の財政に、負担をかけない最も簡単で効果的な対策なのです。