心によい食事

蛋白質脂質糖質

心が少ししんどくなっていたり、停滞しているように感じる時は、心によい食事を心掛けてみましょう。

 

たんぱく質、脂質、糖質はもちろん、ビタミン・ミネラルの摂取もバランス良く行ないましょう。

 

具体的には、ご飯、大豆食品、卵、バナナ、ゴマ、サトイモ、しらす干し、サバ、金目鯛、マグロ、カツオ、イワシ、サバ、キウイ、キノコ類、海藻類、落花生、羊肉、豚肉、鶏肉・・・

 

これらの食材にはそれぞれ、心に優しい、心が穏やかになる、疲れを回復させてくれる様々な栄養素が含まれていますので、積極的に取り入れて頂きたいのですが、大切なのは『多品種』に摂取する事です。

 

たんぱく質だけ、EPA・DHAだけなどというような偏ったメニュー構成にならないように、また果物なども忘れずに摂るようにして下さい。

 

また、食事だけではなく睡眠や運動、日光浴、趣味、友人なども心に無くてはならない栄養です。