活性酸素

疲労活性酸素

疲労が蓄積されると、その分細胞が活動をより活発にしないといけなくなるため、大量の酸素が必要となります。

 

体内に摂り込まれた酸素の内、約2~3%は、反応性の高い『活性酸素』に変化します。

 

ですので、酸素量が多ければ多いほど、活性酸素も増えるのです。

 

通常の酸素の構造は、2つの酸素原子の周りをペアになった複数の電子がクルクルと飛び回っているようなものなのですが、疲労などが原因でこの構造が崩れ相手を失って不安定になっている状態になった物を『活性酸素』と呼んでいます。

 

不安定になった活性酸素は手近な所から電子を奪い取って自らを安定させようとして、自分自身の細胞を標的にしてしまう事があります。

 

電子を奪われた細胞は、正常な機能を失ってしまう為、細胞膜自体の質が落ちたり、免疫力が低下したり、エネルギーがうまく作り出せなくなるという不都合が生じてきます。

 

まるで、自動化された工場の機械部品が徐々に錆び付いて、ラインが正常に動かせなくなり、操業停止に陥るようなイメージです。

 

疲れを溜めない事、ストレスを上手に解消する事、適度に身体を動かす事、老化の原因とも言われる活性酸素対策は、これらに気を付ける事がカギになるのです。