咀嚼

消化吸収排泄整体院

健康を食の面から考える際に、とても大切なのは『消化』『吸収』『排泄』をトータルに考える事です。

 

つまり、健康ブームで食べ物のカロリーや、栄養素の事ばかりが取り上げられたり、脂肪を吸収し難くするようなモノなど、偏った情報や方法が取り上げられ、それに飛びついたりしてしまいがちです。

 

確かに、何を食べるかは重要ですが、それ以上に『入れてから出すまで』に意識を向け、整える方が何倍も重要です。

 

そのうちの1つである『消化』ですが、良い消化を心掛けるにはコツがあります。

 

摂取したものを消化するにあたり、身体は莫大なエネルギーを使っているためかなり疲労してしまいます。

それを助けるには『しっかりと咀嚼する』、よく噛むという事が必要なのです。

 

食べ物を胃に送り込む前に、細かく砕きすり潰し、内臓の負担を出来る限り少なくすると、身体は楽に、軽くなります。

 

時折、肩こりや背中の張りを訴える方が、このような咀嚼に変えただけで、症状が軽減されることがあります。

 

お疑いの方は試しに1度、ほとんど咀嚼をせずに、飲み込むようにして食事をしてみて下さい。

 

次の日にまで引きずるほどの疲労が、身体を襲うと思います。

 

当院での肥満改善指導の中に『20回咀嚼法』と言うのがありますが、特に肥満では無くても、この方法はお勧めですので、是非取り入れて頂きたい健康法でもあります。

 

やり方は簡単で、1口20回ちょうどで噛み砕き、飲み込める量を口に入れるだけです。

飲み込むまで追加はしないようにして下さい。

それを食事中繰り返します。

 

これだけで、身体に変化を感じられるようになります。

 

消化の大切さ、実感してみて下さい。