逆流性食道炎

ストレス解消整体院

胃酸や胃の内容物が、食道に逆流する『逆流性食道炎』は、高脂肪食、アルコール、刺激物などの過剰摂取が胃酸の分泌を刺激して症状が悪化してしまいます。

 

胸部と腹部の間には、『横隔膜』という筋肉があり、食道が横隔膜を通る部分である『食道裂孔』、それを固定する『横隔膜食道靭帯』がゆるむと、胃の入り口が横隔膜より上の方の胸部に飛び出してしまいます。

 

これは、食道裂孔ヘルニアと呼ばれ、胃の入り口が常に開いた状態になり、胃酸が食道に逆流して胸焼けや呑酸(どんさん)が起こります。

 

身体を横にすると胃酸が逆流しやすくなるので、食後すぐに横にならないようにするなど注意しましょう。

 

また、『たかが胸焼け』とあなどり、食道炎を繰り返していると、食道の狭窄や、食道に胃の粘膜が出来てしまう『バレット食道』になり、癌化してしまう事もありますので、健康の基本である、暴飲暴食をしない、睡眠をしっかりとる、その他、生活習慣を一刻も早く整えましょう。