呼吸の呼

呼吸整体院

運動や筋トレの際に行なう呼吸において重要な事は、どのタイミングで『呼』を行なうのか、という事です。

 

もちろん鼻から吸い、口から吐くのは当然ですが、『呼』は力を入れる時に行ないます。

 

運動や筋トレは必ず拮抗する筋肉を使うため、どこの筋肉に力を入れて、逆にどこが休んでいるのかを考えながら動かし、それに呼吸を合わせます。

 

例えば、パンチを打つ、突く、スマッシュを打つ、ハンマーを投げる、何かを持ち上げるなど、一番力を入れる際には自然と声を発するような『呼』になります。

 

よく分からない方は息を吸いながらパンチを打ってみて、次に息を吐きながらパンチを打ってみて下さい。

 

どちらが力を込められるでしょうか?

 

座った状態から立ち上がる時、『よっこいしょ!!』と声が出ますが、これも同じ原理です。

 

ですから、腕立てでも、スクワットでも力が必要な動き、つまり重力に反して体重や負荷を持ち上げるような動きをする際に『呼』を行なうようにして下さい。

 

そうする事で、効率よく鍛えられるだけではなく、怪我の防止にもつながりますので、曖昧にせずしっかりと理解して取り組んでみて下さい。

 

漠然とした呼吸では、効果は得られません。

 

当院でもご指導しておりますので、ご興味のある方は一度ご相談ください。