ブーツの中

エクリン腺整体院

気温の低下とともにブーツ姿の方を目にする機会が増えてきましたが、それとともに『脚の臭いが気になる』という方も増えていくようです。

 

足の裏には腋の下にあるアポクリン腺ではない、エクリン腺という汗腺があり、個人差はありますが、1日にコップ1杯ほどの汗をかくと言われています。

 

エクリン腺には臭いの元となる脂肪などがほとんど含まれていないので、本来は臭いが無いのですが、足が臭い方は確実にいらっしゃいます。

 

臭いの原因は、靴・汗・雑菌という条件が重なり、同じ靴を長時間履き続けて蒸れてしまう事、汗と汚れで不潔になる事、雑菌が繁殖する事とされています。

 

また、エクリン腺は精神的なストレスの影響を受けやすいので、緊張や興奮が続き身体の力が抜けないような生活を続けていると臭いがきつくなります。

 

さらに、多くの方があまり気にかけず、放置してしまうのが、指と爪の間に溜まった汚れです。

 

腐敗臭などの酸っぱい臭いの原因ですので、この部分のお手入れを忘れないようにしましょう。

 

そして臭いは足だけではなく靴に繁殖したバクテリアなどの雑菌も原因ですので足と靴の両方を清潔にする必要があります。

 

同じ靴を毎日履かない、帰宅したら足を清潔に保つ、履いた靴には除菌消臭剤や乾燥剤を使い雑菌の繁殖を防ぐ

 

これらのポイントを忘れないようにするだけではなく、特にブーツなどの蒸れやすい靴を履く際には、通常のケア以上のお手入れが必要になるという事も忘れないようにしましょう