問題点

人工関節股関節膝関節

医療の進歩は目覚ましく、今は人工関節の質も随分向上しているようです。

 

関節の痛みのために、動けない・立てない・歩けない、そんな方にとってはまさに救いの神のようにお感じになるかもしれません。

 

この技術は本当に素晴らしく多くの方の生活の質を著しく改善してくれますので、選択肢の1つとしてお考えいただいてもいいのかなとは思いますが、あくまでも最終手段であることを忘れないでほしいのです。

 

生身の身体が機械に変わると、もう2度とその部分は元には戻せなくなります。

 

ヒトの身体は全身が連動し影響を与え合って成り立っています。

たとえ拒絶反応など起こさなくても『異物』に変わりはありません

ですから、先天的な異常や事故などによりやむにやまれぬ状態で、他に選択肢が見つからない場合にのみ行なうほうが良いと考えています。

 

さらに大切なことは、そうなってしまわないように健康な時から自己管理をする事です。

 

バランスの良い食事をしていますか?

過食していませんか?

運動していますか?

正しく歩いていますか?

偏った姿勢で生活をしていませんか?

 

そんな何でもないような事が積み重なり、関節に負担をかけ続け、ついにはその関節が壊れてしまうのです。

 

ですから、あえて厳しく申し上げるなら、そうなった原因・問題は『運動などしなくても大丈夫』『自分にはそんな事は起こらない』『好きだからやめられない』など、慢心や無知のまま過ごしてきた自分自身にあることを、キチンと理解した上で選択をし、その後の生活を見直していただきたいと切に思います。