エチケット

インフルエンザ飛沫感染

インフルエンザの流行は12月後半から2月末までがピークで、その感染経路は咳やくしゃみなどで飛び散った水滴を吸い込む『飛沫感染』がほとんどです。

ですので、咳やくしゃみの症状がある人は

 

〇マスクをする

〇出そうなときは手ではなく、ハンカチやティッシュで口と鼻を覆う

 

などのエチケットを守るようにして頂きたいと思います。

 

また、『接触感染』も注意が必要です。

 

ウイルスがついたドアノブや吊革、照明のスイッチ、共用のPCのキーボードなどに触れた手で目をこすったり、口や鼻を無意識に触ったりする事でウイルスが体内に入り込みます。

 

インフルエンザのみならず、感染症全般に言える事ですが、予防の基本は手洗いです。

 

とにかくこまめにてを洗う事。そしてアルコール消毒を積極的に使用する事もおすすめです。