モートン病

外反母趾偏平足

足の指の付け根にある神経が圧迫され炎症を起こし、刺すような激痛やしびれ、足に触れた時の感覚が鈍る知覚障害を起こす事もある『モートン病』

 

主な原因は、ハイヒールや先の尖った靴、幅の狭い靴を長時間履き続ける事による神経圧迫といわれています。

 

部位は親指から数えて2番目と3番目、3番目と4番目の指の間に頻発し、ここにある神経はもともと太く、圧迫される事が多いのですが、その他の指の間や甲面に痛みが出る場合もあります。

 

足の指の根元は靭帯でつなぎとめられていて、その間を指神経という感覚神経が通っています。

 

この指神経が交錯しているのが神経腫で、血行が阻害されたり強い圧力を受けると腫れ、痛みが現れます。

 

先述の外的要因以外にも、『間違った歩き方』による『足底の筋力低下』という大きな要因があり、これを整えない限り回復は難しいと考えます。

 

歩行の際に自然な体重移動が行なわれないと、足の横アーチを構築している筋肉が衰え、弾力性のない足に変化してしまい外反母趾なども含め、様々な不調が現れます。

 

モートン病対策は、足に良くない靴を履かない事と正しい歩き方を習得する事、この2つの取り組みが必要なのです。