乳酸

疲労ストレス

『筋肉に乳酸が蓄積されることで疲労する』

 

長い間、疲労の原因物質として考えられてきた乳酸ですが、実はまったく違うという事が分かっています。

 

短距離走などの無酸素運動の際は、筋細胞の中で化学反応が起きて乳酸が発生します。

 

しかし、長距離走などの有酸素運動の際は、別の化学反応が起きて乳酸はたまらないのですが、それでも疲れます。

 

筋肉は収縮が早い筋肉から大量の乳酸が生まれ、遅い筋肉のエネルギー源として使われるシステムのため、乳酸は疲労させる物質ではなく、持続力を保つために必要な物質という事になります。