良い姿勢

猫背円背悪い姿勢

悪い姿勢を改善する一般的な方法としてよく耳にするのは、

『胸を張りましょう』

『肩甲骨を寄せましょう』

『あごを引きましょう』

『上から糸で釣られてるように立ちましょう』

 

他にも色々あるとは思いますが、これらは単に姿勢が良く見えるだけで、決して姿勢そのものが良くなるわけではありません。

 

あくまでも身体(筋肉)に力を入れて引っ張っているだけですので、しばらくすると疲れてまた元の『楽な』悪い姿勢に戻ってしまいます。

 

本当の意味での良い姿勢とは、そういうものではなく、重力に対してもっとも負担が少なく疲れないまっすぐな姿勢の事で、人間の身体はそういうポジションが自然に作られるように構造としてカーブを描いています。

 

このカーブをうまく使うと、意識して力を込めて直立などすることなく、もっと楽に良い姿勢を作ることが出来るのです。

 

悪い姿勢の原因は悪い生活習慣ですので、それを見直さない限り、どんな素晴らしい器具や指導を受けても身体は変わりません。

 

そして悪い姿勢の方は身体を支える筋肉や周辺関節の働きが低下していますので、体幹を鍛える必要もあります。

 

また、姿勢は心模様を映し出すものでもあります。

 

辛い事や悲しい事、自分を卑下してしまうような事は、心を守るために背中を丸め胸部を小さくしようと姿勢を悪くし、楽しい事や自慢したいような事があれば、生き生きと毎日が過ごせて自然と胸が張れ、首が正しい位置に落ち着いて姿勢を良くしてくれます。

 

ですので、良い姿勢とはこのような事をトータルで考えた上で成しえるものだと思っています。