特別な存在?

自宅に居ながら何でも手に入れられる時代になって、ずいぶん経ちますが、偽物の被害は後を絶ちません。

 

偽物に対する意識調査という、興味深い調査結果を目にしました。

 

 

〇ネット上に偽物が出回っている    YES→98%

〇偽物は精巧で本物との区別は困難   YES→75%

〇自分が購入した物は本物に違いない  YES→90%

 

つまり、本物と区別のつかない偽物がごろごろ転がっているような所でも、自分が手にしたものは必ず本物であるという事です。

 

これから分かるのは、『自分だけは大丈夫』という根拠のない楽観で、他人には起こりうる災難や事故でも、自分には起こらないという誤った思考回路を多くの方が気付かずに働かせてしまっているという事なのです。

 

大きな社会問題になっている振り込め詐欺や、投資詐欺なども同様で、いくらTVのニュースで事件を目にし、注意喚起を耳にしても、それを自分の事として理解する事が難しいのです。

 

もちろん交通事故や病気なども同じ構図で、自分だけは常に安全であるという油断や無関心が、とんでもない事態を招く結果になります。

 

事あるごとにビクビク・オドオドしながら生活を送る必要はありませんが、『失ってから気付く』『あ~あの時こうしてたら...』というような後悔の念にさいなまれないように、心構えや準備は決して怠らないようにしましょう。