慢性便秘

明けましておめでとうございます。

 

今年も昨年と変わらぬご愛顧を賜れますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

さて、新年はおめでたい事も相まって、暴飲暴食になり体調を崩される方が多くいらっしゃいます。

 

出来る事なら普段の生活リズムを保ちつつ、無理のない数日間を送っていただきたいと思います。

 

通常から便秘の方には食べる量は増えるものの、出すことが出来ないという、さらに辛い期間になりそうです。

 

便秘とは、3日以上出ないか、出ても量が35g以下(ピンポン玉大)の状態を指し、健康状態はおろか、性格まで変えてしまうという、とても怖い疾患の事です。

 

高齢者の場合は運動不足と加齢がほとんどですが、糖尿病やパーキンソン病、うつ病になると100%便秘になります。

 

若い女性の場合は、生理前のホルモンの影響や、偏った食習慣や、無理なダイエットなどが原因のほとんどです。

 

多くの方がこの便秘に悩まされ、様々な『下剤』を使い何とかしようとされているとは思いますが、市販薬では絶対に便秘は改善出来ません。

 

便秘を改善するには、腸を整え、腸の蠕動運動を活発にすること以外にはありません。

 

そのためには自律神経のバランスを整える必要がありますので、以下の事柄を行なうと便秘は必ずと言って良いほど改善します。

 

〇ストレスの解消に努める事

〇マイナスの感情、言葉、態度を改め、感謝の気持ちで毎日を過ごす事

〇リラックスできる何かを見つける事

〇運動・睡眠・食事などの生活習慣を整える事

〇脂肪分を控え繊維質のものを積極的に摂る事

 

どれもすべてご自身の心掛け1つで出来る事ばかりです。

 

これらをしっかりと実践した上で、それでもなお便秘が解消できないようであれば、専門病院を受診してはいかがでしょうか。