お洒落は我慢?

外反母趾腰痛

健康にとって、正しく負担の少ない姿勢で活動する事が何よりも大切で、それを支えているのは足ですので、正しい靴選びが欠かせません。

 

健康を害する靴とは、革底ですべりやすい・硬いなどの材質の悪い物、流行や見た目や価格だけで選んだ物、サイズが合ってない物、そして特に気を付けて頂きたいのは、爪先立ちで歩く姿勢になるハイヒール、そしておいらんが履くような分厚いソールなどの靴です。

 

身体がもっとも安定するのは裸足です。

 

大地に足がしっかりと着いている姿勢が一番良く、離れれば離れる程不安定になり、正しい姿勢を取る事が困難になります。

 

人からどう見られているか、ちょっとでも良く見られたい、少しでも自分を大きく見せたい、そういう気持ちもあるとは思いますし、ある場面において必要な時もあるかもしれません。

 

『お洒落は我慢!! 見た目が命!!』 

『お洒落に暑い寒い痛いはない!!』という方もいらっしゃいますが、こと健康に関して言えばとんでも無い事です。

 

バランスの悪い靴を履いている人の多くは、正しく歩けていませんし、その影響で全身が歪んだまま日常生活を送る事になります。

 

膝痛、股関節痛、腰痛、肩こりになるべくしてなっていると言わざるを得ません。

 

足に合ったサイズ、履き心地の良い材質の靴を履き、良い姿勢で颯爽と歩いたり動いている人の方がずっと『お洒落』だと思います。

 

履きなれるのに何週間も何ヶ月もかかるような靴やしょっちゅう靴擦れを起こすような靴も避けるようにしましょう。

 

『健康は足元から』

 

これは筋力だけの話ではない事をお忘れなく・・・・。