アブミ骨筋

ストレス表情筋

筋肉は脳が興奮や緊張を探知すると、防御や攻撃の姿勢を取ろうとし身体を固めてしまうため、疲労しやすくなります。

 

硬い筋肉は、血の巡りが悪く健康にとっては大敵なのです。

 

例えば耳の筋肉にアブミ骨筋という筋肉があり、ストレスから音や声が聞き取りにくくなるような時は、この部分の筋肉が固まってしまうのです。

 

聴覚は不快な感覚を感じやすい感覚です。

 

クラクション・電車での他人のイヤホンの音や話し声・騒音・雑音・大音響の音楽・マンションでの足音や生活音・・・など、イライラする要素が多く、そこから起こるトラブルが多いのもそのためなのです。

 

アブミ骨筋のこわばり解消には、肩や腰などと同じく、呼吸などに気を付けとにかくリラックスする事です。

 

そして、耳の筋肉は顔(表情筋)とつながっていますので、眉間にしわを寄せ、口をヘの字の不機嫌な表情や、動きの無い無表情では、顔の筋肉がこわばり耳の筋肉も弛みません。

 

そこで重要なのは、表情筋を動かす事です。

 

笑顔でいる事、表情豊かに過ごす事、口笛を吹いたり、鼻歌を歌う事など、脳に『楽しい』と認識させるようなこれらの事柄に気を配りながら、意識して顔の筋肉を動かしましょう。

 

同時に、顔のたるみにも効果がありますので一石二鳥です。