適切な食事

メタボリックシンドロームダイエット

健康に過ごすには、年齢に合った食事法があります。

 

10代はその後の人生を左右する骨の成長の為にも、人生で最も多種大量に摂取を心掛けましょう。

 

この時期の過剰なダイエットは、老後の寝たきりや痴呆症を予防するためにも、出来る限り避けましょう。

 

20~30代は徐々に代謝が落ちてくる事や、仕事や生活の変化からストレスが激増し暴飲暴食や飲酒が重なり、肥満や不調を感じるようになりますので、バランスの良い食事に切り替えるタイミングです。

 

40代は人生の大きな節目、折り返し地点です。

体質が変わったり、食事の好みが変わったりと劇的な変化が起こる事もあります。

 

生活習慣病のリスクが本格化するのもこの時期ですので、食事は常に腹6分目を心掛け、余分な脂肪を溜めないように最善を尽くしましょう。

 

この10年の食生活が、どんな老後を送るかの大きなターニングポイントになります。

 

50~60代は引き続き太り過ぎないように心掛けつつ、自律神経のバランスに十分注意し、和食中心の質素な食事で血圧の上昇などに心を配りましょう。

 

70代以降は体力が落ちないように、脂肪分も適度に摂取し、肉類もしっかりと食べ、食が細らないように気を付けましょう。

 

もちろん、個人差がありますので全てがこの通りという訳ではありませんが、常にご自身の身体と相談をし、時には健診を受けながら健康維持に努めましょう。