腰痛

腰痛ストレス股関節

国民病とも言われている『腰痛』。

 

原因は様々ですが、腰自体に異常がある事は比較的少なく、ストレスや過労から脳が痛みのシグナルを発し、それを腰の痛みと認識してしまうようです。

 

とはいうものの、実際に痛みを感じ生活に支障をきたしている方もたくさんいらっしゃいますので、つい『腰が悪いから腰を治そう』と勘違いしてしまうのも無理はありません。

 

座った状態から立ち上がろうとすると、ピリッと痛みが走る・腰が抜けそうな感じがする・ズキッと痛むなどなど.......

 

そういう方の姿勢を見ていると、ほとんどの方が正しい立ち上がり姿勢をされていません。

 

背中や腰の筋力を使い、痛いはずの腰にさらに負担をかけながら立ち上がろうとされています。

 

正しく無理のない姿勢は、骨盤を上手に使いつつ体重移動を行ない、股関節で立ち上がるという方法で簡単に習得できます。

 

そのためには骨盤・股関節を『使える状態』にする必要があります。

 

カチカチの硬い状態では、満足にその役割を果たす事は出来ませんので、腰痛対策の要は腰云々の前に股関節周りを整える事が先決だと考えています。