お口のトラブル

歯周病歯槽膿漏

睡眠不足が続いたり、疲れがたまってくると歯茎がうずいたり、赤く腫れたりすることはありませんか?

 

こういった状態は身体全体の免疫力が落ちているというシグナルであり、お口のトラブルが起こりやすい状態ですよと警告を発しているのです。

 

中高年の8割以上が、歯周病や歯槽膿漏など何らかのトラブルを抱えています。

 

例えば『歯肉炎』の直接の原因は『歯垢』です。

 

歯垢は食べ物のかすを栄養にして増殖した細菌の塊ですので、食事後に歯磨きなどのお手入れをせずに放っておくと、この細菌が出す毒素や酵素によって口内環境が破壊されてしまいます。

 

また口臭の原因にもなりますので、歯垢を残さないように、食後に正しく歯磨きをする習慣をつけて頂きたく思います。

 

しかしながら、お口のトラブルはそれだけでは万全とは言いきれないのです。

 

歯周病や歯槽膿漏は、糖尿病・高血圧・高脂血症・動脈硬化などの生活習慣病と密接に関係しています。

 

糖尿病を改善せずにいると、身体の抵抗力が下がり、歯周病菌がますます増殖しやすくなり、いずれ歯をすべて失う事になります。

 

つまり人間にとってもっとも大切な『食べる』という行為そのものに悪い影響が出てしまいます。

 

咀嚼が出来ない、唾液が出ない、消化できない、脳に刺激が行かない、痴呆になる、行動範囲が狭まる、動かない、寝たきり・・・など、たかがお口のトラブルで!と侮って放置していると、いずれ大きなしっぺ返しを食らう事になりますよ。

 

頑張ってお手入れ習慣をつけましょう。