前傾

腰割りスクワット

整体コースで、ほとんどすべての方にご指導しております『腰割り』は、太ももの前後・内外、お尻の筋肉、股関節周りの様々な筋肉を効率的に使えるようになりますので、習得すると股関節周りが安定し、自然と身体が整います。

 

しかしながら、動作が単純に見えてしまうために、誤った動きを行なってしまい効果が感じられず、やめてしまう方もいらっしゃいます。

 

その1つは、腰を下ろそうとするあまり、お尻が後ろに逃げてしまい、上体が前傾し、まるでスクワットのように太ももの前とお尻の筋肉だけで動かしてしまうケースです。

 

おもに股関節が硬いために十分に開かず、股関節に刺激が行かないので、無意識に他の部分を使ってしまうのです。

 

これでは腰割りの良い所がまったく生かされませんので、どうしてもスクワットのようになってしまうという方は、腰を深く下ろすよりも、上体を前傾させないように行ないましょう。