朝、足の裏が痛い

踵骨棘足底腱膜炎

朝起きて立ったり歩いたりすると、踵の辺りに鋭い痛みが感じられる事があれば、それは『足底腱膜炎』という病気が考えられます。

 

40代以降の中高年にしばしばみられるのですが、しばらく動いていると痛みが緩和されるのが特徴です。

 

足の裏には強靭な腱膜(足底腱膜)が、踵から足指の根元にかけてつながり、足裏のアーチを形成し歩いたり走ったりする際に、ふくらはぎの筋力を伝達する役割を担っています。

 

擦り減った靴・ハイヒールや足に合っていない靴・肥満・バランスの悪い歩き方・長時間の立ち仕事・使い過ぎなどが原因で、腱膜に無理がかかり、炎症や異常緊張が続くと踵が棘のようになり、踵骨棘と呼ばれる状態に変化してしまいます。

 

加齢や運動不足で腱は切れやすくなり損傷してしまいますので、対策としては、足裏のストレッチ・筋トレ、ふくらはぎのストレッチ・筋トレを毎日欠かさず行なうとともに、ゴルフボールやテニスボールを足裏で転がし、マッサージするようにしましょう。