薬害降圧剤

身体のどこかに不調を感じたり、飲んでいる事で安心出来たり、簡単に飲めてしまう『薬』ですが、メリットとデメリットをしっかりと理解しつつ、出来る限り薬に頼らなくても良い生活を送っていただきたいと思っています。

 

しかしながら現実的にどうしても飲まないといけない場合は存在すると思いますので、基本的な事を少し述べます。

 

まず大前提として、薬は常温の水かぬるま湯で飲みましょう。

 

これは、薬がスムーズに食道を通過するのを助け、効率よく胃で溶け、胃や腸で吸収しやすくするためなのです。

 

薬を飲むタイミングですが、食前とは食事をする20~30分前の事で、食べ物や胃酸の影響を受けたくない・胃の調子を整える・食後の吐き気を抑えるなどの場合です。

 

食間とは食事と食事の間の事で、食事を終えてから約2時間程度後に飲みます。

食事中に飲むと思われている方も多いそうです。

空腹時に飲むと吸収が良い・胃の粘膜を保護するなどの場合です。

 

食後とは、食事の後20~30分までの事で、胃の中にまだ食べ物がある事から胃へのダメージが少なく、胃を荒らしてしまう・食べ物と一緒の方が吸収が良いなどの場合です。

 

また紅茶・コーヒー・牛乳・グレープフルーツジュースなどは、薬の効き目に影響が出る可能性があり、またアルコール類では副作用の危険性も考えられますので、避けるようにして下さい。