井蛙は以て海を語るべからず

神戸住吉整体院

井蛙は以て海を語るべからざるは、虚に拘(なず)ればなり。

 

黄河の神『河伯』が初めて海へ行き、その大きさに驚き、北海の神『若』に「今まで黄河が一番大きい思っていたのに、こんなに広いものがあるとは知らなかった」と言った。

 

すると『若』は、こう言ったのです。

 

「井戸の中の蛙には、海の事を話しても分からない。

夏の虫に冬の氷の事を話しても分からない。」

 

狭い見識に囚われて、他に広い世界がある事を知らず自分の世界こそが全てだと思い込んでいると、ものの真理や大自然の大いなる心・力をいつまで経っても感じられないものです