過敏性腸症候群

過敏性大腸ストレス

血液検査をしても分からない、腸の検査をしても腫瘍や潰瘍などの病気も無い、にもかかわらず腹痛や腹部の不快感を伴い、便秘あるいは下痢などの便通異常が生じる『過敏性腸症候群』。

 

以前は『過敏性大腸炎』と呼ばれていましたが、小腸も含めた機能異常であることから症状名が変わりました。

 

その他、腹部膨満感や腹鳴(お腹がごろごろ)、放屁などのガス症状も特徴の一つです。

 

ストレスの多い現代人の15%以上に生じ、『便秘型』『下痢型』『混合(便秘と下痢を繰り返す)型』があります。

 

消化管運動異常・消化管知覚過敏・心理的異常が見受けられるものの、その原因は解明されていません。

 

ですのでまずは、生活の改善やストレスの軽減を図りましょう。

 

基本となるのは早寝早起きで、便秘型の人は、余裕のある朝の時間を作り、しっかりと水分を摂り、朝食を食べ、自宅での排便習慣をつけましょう。

 

下痢型の人は、乳製品や青汁、アロエ、香辛料、飲酒などを控えるようにしましょう。

 

食物繊維は全てのタイプに有効な食材ですので、欠かさず摂取して下さい。

 

不規則な生活、睡眠不足、慢性疲労、ストレス過多、これらを改善してもなお、症状が出るようであれば、薬物療法や心身医学療法などが必要になります。