ハーグ条約

国際結婚離婚親権

欧米諸国から、自国の男性と離婚した日本人女性による子供の連れ去りが頻発している事から、主要国で唯一条約に名を連ねていない日本に加盟を求められていたハーグ条約に、ようやくこの4月に正式加盟するのだそうです。

 

条約や国内関連法によると、他の条約加盟国在住の親から申請を受けると、警察や地方自治体などと連携して居場所を確認し、当事者間の話し合いによる解決にあたる。

 

連れ去った理由が虐待や家庭内暴力の場合は、専門家への相談が可能で、また、話し合いが不調の場合は、東京・大阪の家庭裁判所が判断をするという事です。

 

どの様な形であれ、大人の都合を優先させず、子供にとって幸せな結果になるように運用していただきたいです。