たかをくくる

歯周病生活習慣病

数年前から、健康な身体作りには歯の健康がとても重要であることから、色々と対策を重ねて、今では3か月に1度のペースでチェックとクリーニングを行なっています。

 

また毎食後にはデンタルフロス・歯間ブラシ・歯ブラシを使い掃除をし、就寝前にマウスウォッシュを使うようにしています。

 

その甲斐あってか、まったく異常の無い状態がキープ出来ています。

 

統計では30代に入ると80%以上の人が歯周病で、そのうちの70~80%の人が気付いていない、または気付いていても自分は大丈夫とたかをくくり治療をせずに放置しているようです。

 

歯周病は、肺炎・糖尿病・動脈硬化などと密接に関係していますので、手遅れになる前に処置や予防を心掛けましょう。

 

簡単な歯周病チェックは

 

〇歯の間に食べ物が挟まりやすい

〇歯を磨いた時に出血する時がある

〇冷たいものを口に入れた時に違和感がある

〇口臭がきつくなったように感じる、またはそう言われる

〇睡眠時に口の中が熱っぽい

〇歯が伸びたように感じる

 

当てはまる項目があれば必ず歯科医の診察を受けてみて下さい。

 

また、歯ブラシを後ろから見てブラシ部分が出ている、いわゆる扇型に広がっているような状態なら交換しましょう。

しっかり磨いたつもりでも約60%程度しか磨けていません。

 

そしてマウスウォッシュの使用後は必ずブラッシングを行ないましょう。

バイオフィルム(歯垢)と呼ばれる細菌の塊を除去するにはうがいだけでは効果が期待できないそうです。

 

ただし、やり過ぎは逆効果になりかねませんので、程よいお手入れを心掛けましょう。