楽なのは

猫背骨盤の歪み

デスクでの仕事や、勉強、電車、食事、車など色々な場面で座る事がありますが、ちゃんと正しく座られてますか?

 

イラストのような悪い姿勢の座り方をしている人がとても多いのです。

 

これは背中が丸くなっている典型的な座り方ですが、この原因は首や背中や腹筋よりも、もっと下にあります。

 

それは内股です。

 

いわゆる股関節の力が無くなる事で内股を閉じる力が弛み膝が開きます。

 

膝が開くと骨盤が後ろに倒れます。

 

骨盤が倒れると腰が丸まり、それにともない背中も丸くなります。

 

そうなると、肩が上がりながら前に出て、頭も前に出てしまい、それを支えるために体の後ろ、つまり首や肩や背中が凝り始めます。

 

こんな姿勢は人の身体の構造上、本来辛いはずなのですが、楽だと感じてしまう人が多いんです。

 

股関節に力が満ちてしっかりと骨盤を立てられさえすれば、後は自然と頭のてっぺんまで背すじが伸びていくものなのです。

 

勿論、体幹の筋力不足も原因の1つですので、良い姿勢を手に入れるにはこのあたりのシステムを理解しつつ、筋トレも行ないましょう。