悲喜こもごも

神戸住吉整体院

昨日から電話番号と営業時間を変更したのですが、それに伴う事柄が色々とありまして.....

 

まずは記載している物をすべて変更しなければいけません。

 

各種フライヤー・ショップカード・ポイントカード・名刺・店頭POP・看板・ホームページ.......

 

ある程度順調に進んでいたのですが、ホームページの『予約&料金』のページで、やってしまいました~!!

 

何がどうなったのか未だに分からないのですが、ただ電話番号を書き換えようとしてenterボタンを押した瞬間に、そのページがすべて消えてしまいました.....

 

唖然......茫然......放心状態......悲しすぎます。

 

また1から作り直しました。

 

逆に... 今まで電話のナンバーディスプレイ機能が使えなかったのですが、電話会社を変更した今回から使えるようになりました。

 

しかも何の契約もしていないのに使えるようになったのです。

 

これも何故だか理由が分からないのです。

 

突然、番号が表示されるようになり、驚きと共にその便利さを実感しています。

 

本当に悲喜こもごもな3月の始まりとなりました。

 

ちなみにこの『悲喜こもごも』という言葉は、1人の人間の心情を表現する時に使うもので、複数の人間の感情や心情を同時に表現するものではないそうです。

 

つまり喜んだり、悲しんだりする人が入りまじる合格発表のような場で使うのは、正しくないのです。

 

ちょっとした雑学です。