ねじり歩行

外反母趾浮き指

体育座りで足の指がきちんと床につきますか?

 

指がちじこまって浮いてしまっているようなら『浮き指』という大変問題のある状態です。

 

健康において足が正常であることは、もっとも基本的な事なのですが、この浮き指になってしまっている方が非常に多いと思われます。

 

本来、足の指はぴったりと床につくものなのですが、足の筋力が弱まり弾力の無い開帳足や、足の形に合わない靴を履き続けていたり指を使わない癖のある歩き方などから、変形を起こし指が常に浮いてしまうのです。

 

こうなると指で重心を捉えることが出来ないために、指の付け根とカカトだけの2点で身体を支えるしかなくなります。

 

これでは真っ直ぐの正しい歩き方が出来ませんので、横ずれを起こし捻じるような歩き方になり膝の痛み・外反母趾・ふくらはぎの前面が常にパンパンになるなど、生活の質に大きなダメージを与える事につながります。

 

対策は『足の裏の筋肉を鍛える事』と、『正しい歩き方を身に付ける事』、これ以外にはありません。