目を温める

不眠ストレスアイパック

現代のストレス社会において、不眠でお悩みの方が非常に多く、その対策が色々と紹介されてはいるものの、なかなか解消されない難しい問題になっています。

 

最近、耳にした不眠解消法です。

 

①朝起きると、太陽の光を浴びる

『幸せホルモン』と呼ばれるセロトニンが大量に分泌されメラトニンという睡眠には欠かせない物質が生成されます。

また、体内リズムは25時間周期なのでこの1時間のズレを整えたり、自律神経のバランスを整えたりできます。

例え、曇っていてもベランダや庭に出ましょう。

外気に当たる事で交感神経が活発に働き出すからです。

 

②目を温める

眼球をコントロールしているのは動眼神経で、これは副交感神経ですので、温める事によりそのスイッチが入ると、目は勿論の事、身体全体の血管が開き、血流が良くなりリラックスモードに切り替わります。

デジタル機器が氾濫する現在、目の酷使は大問題なのです。

眼精疲労をいかに解消するかがとても大切ですので、夜の習慣にして頂きたいと思います。

 

③6時を目安にネクタイ・時計・メガネ他、身体を締め付けるモノを外したり、アップにした髪をおろしたりしましょう。

この時間あたりから交感神経優位の自律神経を、副交感神経優位に変えるためには、物理的に体を緊張させるモノを取り除きます。

 

④朝は必ず味噌汁を飲む

味噌にはトリプトファンという成分が豊富に含まれ、セロトニンの生成に欠かせません。

太陽を浴びる事とセットにしてセロトニンを増やしましょう。

 

このように朝は交感神経を、夜は副交感神経を優位に働かせ、自然と眠りにつける状態に向かわせるのです。

 

そして②の目を温めるには濡れタオルを温めたりするのも良いのですが、出来るなら写真のようなアイパックと言われる専用グッズを使い持続可能で効率的な方法をお試しください。

 

アイパックは、当院で第2位の人気商品です!!