お片付け

ADHDストレス

心と身体の健康のバロメーターの1つに『片付け』というモノがあり、バランスがうまく取れていない、不健康な方の部屋やお宅の多くは、ゴミが溢れかえっていたり、足の踏み場もないような状態で生活をされているようです。

 

〇いつか使う日が来ると思うと捨てられない

〇いざ捨てるとなるともったいないと思う

〇時間やお金の管理をするのが苦手

〇1ヶ月掃除をしなくても平気

〇カバンの中がいつもグチャグチャ

〇洗濯物を干しっぱなし、取り込みっぱなしにしてしまう

〇使った食器や調理器具を洗わずに放置していることが多い

〇浴槽やトイレが汚れていても気にならない

〇壊れた家電などを保管している

〇レジ袋などにゴミを入れたまま複数個一か所に固めている

〇脱いだ服を床に置いたままにする

〇衣替えをしない

〇冷蔵庫の中に賞味期限切れの食品が複数個ある

〇つい同じような色やデザインの服・靴・鞄を買うが使わない

〇ゴミの日がいつなのか分からない

 

このような事がいくつも該当するなら、少しばかり注意が必要です。

 

単純にだらしない、面倒くさい、もったいない.....だけが原因ではないかもしれません。

 

ADHD=注意欠陥多動性障害という原因不明の脳の障害かも知れません。

 

ADHDは、物忘れや遅刻が多い、集中力の差が大きい、感情の起伏が激しい、言動がストレートすぎるなど、トラブルの要素を多く抱えていて、片付けが出来ないのもその1つなのです。

 

集中力・衝動性・多動性・活動性などを、自分でコントロールする事が非常に難しいのが特徴です。

 

まずは、そうである自分を認める事、責めすぎない事が大切で、その上で一気にすべてを解消しようとするのではなく、1つ1つ、例えばキッチンだけ、トイレだけ、玄関だけを綺麗にする事から始め、徐々に無理のないペースで片付ける訓練を積み重ねるようにしましょう。