ハムスト

足腰を鍛える整体院

年々衰えていく身体とどう向き合うか、とても大切なことなのですが、普段の生活を日々こなせている間はその本質に気が付きにくいものです。

 

そして何か、またどこかに異変を感じるようになって初めて『もっと〇〇しておけばよかった』『もっと早くに気付いていれば・・・』と思えるようになるものです。

 

確かに30代位から運動習慣をつけていればなお良いのですが、運動はいくつになっても遅いという事はありません。

 

無理なく行なえば身体は必ず応えてくれます。

 

その中で、特に意識して行なっていただきたい運動は『下半身の筋トレ』です。

 

筋肉の6割は脚が占めています。

 

つまり足が弱ると全身が弱り、脳にまで影響を及ぼします。

 

下半身を鍛えるのに最適なのは『スクワット』です。

 

動きは単純なのですが、正しい姿勢で行なうにはそれなりの訓練が必要で、その点を軽く考えていると膝や股関節などの思わぬ怪我につながります。

 

スクワットは太ももの前の筋肉だけを鍛えているイメージがありますが、実は裏側もしっかりと鍛えられるのです。

 

ハムストと呼ばれる筋肉群で、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋で構成され大臀筋(お尻の筋肉)と共に身体を支えています。

 

スクワットは基本の基なのですが、このハムストをさらに鍛えるためには『ランジ』という脚を1歩踏み出して身体を沈める運動を行なって下さい。

 

スクワットでは得られないバランス感覚や骨盤の調整も出来るようになりますので、特に骨盤の歪みや座り姿勢が悪い方はこのランジを是非取り入れてみて下さい。