てんかん

けいれん脳の病気

子供が発症する病気と思われがちなてんかんは、成人でも起こり、中でも65歳以上の高齢者の発症率がとても高く、今後、超高齢化社会を迎え増加が危惧されています。

 

高齢発症てんかんは、何らかの脳の病変が原因となって神経細胞の過剰な興奮が起こる「症候性」がほとんどです。

 

脳の病変とは、脳血管障害・神経変性疾患・脳腫瘍・頭部外傷などが考えられます。

 

例えば、夜中就寝中にうめき声を出し、体が硬直するなどで、当人にはほとんどその記憶がありません。

 

また、子供が起こすてんかんとは違い、けいれんを起こさず数分の意識障害だけということもあれば、記憶障害や認知症と間違えられるような物忘れに似た状態になる事もあります。

 

これらを適切に判断するためには、周りにいる方の情報が大切で、発作中の無意識の動作や記憶の欠落などを記録しておくと対処時に効果を発揮します。

 

「てんかん=けいれん」という固定観念はこの際無視してください。