猫背のメリット

腰痛背筋痛

ヒトは二足歩行になる際、もっとも重力の影響を受けない骨格に進化したため、本来なら疲れにくいはずなのですが、現代人は常に肩こりや腰痛に悩まされています。

 

その原因の1つは『猫背』です。

 

猫背という身体にとって不自然なスタイルのせいで、首や肩・背中・腰などが常に引っ張られる状態のために血行不良を起こし硬くなっていきます。

 

百害あって一利なしのように思える猫背ですが、メリットが無い訳ではありません。

 

もともと身体は骨盤が真っ直ぐに立ち、その真上に肩や肩甲骨が配置され、首を介し真上に頭が乗っかるという構造なのですが、その時『腕』は真横に付いています。

 

しかし実際の生活を考えてみた時に、ほとんどの手作業は横ではなく前ですることが多いため必然的に腕全体が前に突出している方が楽に作業がはかどります。

 

またデスクなどを覗き込んだり、机の上で作業をするには、首は肩甲骨の真上にあるよりむしろ前に出ている方が良く見えますし、効率が良いのです。

 

ですから自然と身体の前でボールを包み込むような、丸い姿勢になっているのです。

 

そして重心が前のめりになると、そのままでは前に倒れてしまいますので、それを防ぐために、骨盤を後ろに寝かし腰骨を丸め後ろに重心を移動させ、横から見ると見事なCの形が完成します。

 

これで身体が安定しますで、猫背になるにはなるだけの理由がちゃんとあるという事です。

 

もちろん猫背を推奨している訳ではありません。

 

多くの痛みの原因ですので、出来るだけ過程を理解してご自身の生活を改善していただけるように願っています。