ハイヒールにご注意を

膝痛腰痛猫背

ハイヒールは履くだけで美脚になり女子力アップの優れものです。

 

しかし、街を行き交う方々の歩き方は、というと.....

 

膝が曲がり、お尻が落ち、猫背で、ハイヒールを引きずるような歩き方を非常に多く見かけます。

 

この原因は、『元々の(裸足で歩く時の)歩き方が正しくない』そして『ハイヒールで身体を支えるだけの脚(足)の筋力がない』という事です。

 

ハイヒールでの歩行は通常とは異なり、つま先とかかとを同時に着地させる歩き方(テクニック)が必要なのですが、何事においてもまずは基本が大切ですので、裸足での歩き方を見直しましょう。

 

そして、ハイヒールはバランスを取るのが難しい履物ですので、足裏・ふくらはぎ・内股・体幹の筋力アップが欠かせません。

 

ヒールの高さも重要です。

 

裸足でつま先立ちをし、そのまま歩いてみましょう。

 

無理なく浮かせられる高さが、イコールご自身に合ったヒールの高さです。

 

ハイヒールは歩くための実用的な履物ではありません。

 

どちらかと言うと『魅せる』履物です。

 

歩行に適した高さの目安は、身長にもよりますが、3・4cmが限界ですので、7cmや11cm、それ以上のヒールで歩き回る行為は膝や腰や股関節に相当の負担をかけ、その代償として骨盤を歪ませたり身体を壊しているのと同じだという自覚をお持ちください。

 

普段はヒールの無い靴を履き、トレーニングを重ねた上で特別な日にだけハイヒールを履くようにしましょう。