ストレッチのコツ

筋肉疲労関節痛

健康の維持・増進に欠かせないストレッチは、その言葉通り「伸ばす」という意味ですが、何をどう伸ばすのが正しいのでしょうか?

 

筋肉は1つ、もしくは複数の関節をまたいで両端の腱が骨に付いています。

 

つまり筋肉を伸ばすには骨を、関節を上手に動かす事が必要なのです。

 

筋肉が伸びやすくなるとさらに関節が大きく動くようになり、いわゆる『柔らかい身体』になりますので、衝撃に強くなって怪我をしにくくなったり、疲労が溜まりにくくなります。

 

とくに肩こり・首こり・腰痛などこわばった筋肉のせいで血行が悪くなりやすい方には、ストレッチが最も効果的な解消法とも言えるのです。

 

身体が柔らかくなり大きく動かせるようになれば、快適に過ごせるようになりますので、精神的なリラックスにもなり活動量も増えダイエット効果が十分期待できます。

 

気を付けたいのはその伸ばし方です。

 

筋肉を伸ばして柔らかくするためには、力を入れたり緊張したり痛みを感じるよう方法で行なうと、逆に筋肉は硬くなりますので、とにかくゆっくりやさしく労わりながら伸ばしましょう。

 

ストレッチは気持ちがいい運動です。

 

決して『イタ気持ちいい』運動ではないという事を理解し、毎日の習慣にしてみてはいかがですか。