腰の痛み

腰痛改善整体院

腰痛の原因は色々と考えられます。

 

全体の2割くらいは、腰そのものの筋肉や骨などに何らかのトラブルが発生しています。

 

これらは姿勢や過労や筋力低下から重症化してしまうケースが多くみられます。

 

残りの8割については腰そのものには異常はありませんので、いくら調べても「特に異常はありません」と言われとりあえず鎮痛効果のある湿布を貼り続けるような事になっています。

 

ここで疑っていただきたいのは『内臓疾患』の可能性です。

 

内臓の炎症、腹部大動脈解離・大動脈瘤、女性では子宮、腎結石、尿路結石など、いわゆる内科(婦人科)系の原因です。

 

この場合、見分ける方法の1つは『安静にしても身体の向きを変えても痛みが取れない』という事です。

 

また、別の原因としては、心や気持ちの問題があります。

 

気持ちの落ち込みや、心が望む方向と逆の生活をしたり、嫌な事を続けていたりすると、それが腰痛の引き金になりいくら検査をしても原因の分からない痛みに苦しめられます。

 

これは整形外科や内科を受診してもどうにもなりませんので、心療内科などで、適切な対応を受ける事が必要になります。

 

つまり、腰が痛いのは腰に原因があるという先入観や固定観念に固執せずに、色々な可能性を試してみる頭の柔らかさが求められるのです。